【金属繊維は着用摩擦で切れることも】

ファッシヨン素材は、常に新しい表現を求めています。ファッションとは「流行」、一般に長
期間の耐用性はありません。

◎独特の光沢や風合いを表現する金属繊維

金属繊維を混入する目的は波状や不定形な屈曲を形状記憶させることによって、凹凸のある形状
をデザインしたり、金属の光沢を表面に現すことによって、メタリックな表面感を表現したりす
ることです。

◎細いステンレス繊維は金属疲労が進行しやすい

金属繊維のほとんどは、さびにくいステンレスが使用されています。しかし、この素材は長期間
の繰り返し使用で問題が・・・・。

①肘や脇など屈曲や摩擦を繰り返すと切れてしまう。

②折れ曲がった部分のシワが伸びなくなってしまう。

③汗に含まれる塩分や湿気の影響によってさびて光沢が消失したりシミが発生したりする。金属
疲労が進行していると、クリーニング行程に耐えられず脇や肘の部分の金属繊維が切れてザラザ
ラとした刺激のある感触になります。

出典[品質情報研究所のもの知りシリーズ

2138

 

 

 

 

 

 

 

住所・アクセス

大阪府大阪市住吉区長居2-12-10

御堂筋線 長居駅より徒歩2分

JR 長居駅から徒歩1分

大きな地図で見る

営業時間

月〜土 7:00〜19:30

※定休日:日曜・祭日

お気軽にご相談ください

大阪市内 集配

大阪市内 集配

大阪市住吉区、東住吉区、阿倍野区の方

日本全国宅配サービス

日本全国宅配サービス

日本全国どちらでも、シミ抜き・クリーニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です